忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/24 22:19 |
石との接し方
「石と話すというのはなんとなく分かったけど、擬人化みたいなのはどうやるの?」という話になると思います。

 私の場合、話をしていると、ぼんやりと人物像みたいなのが見えてくるんですね。ノイズのかかった映像みたいに、見えにくいけどなんとなくどういう人が映っているのは分かる、みたいな感じです。
 それが、いつまでもノイズ入りの場合や、急にクリアになる時もあります。

 多分、これは霊感のあるなしに限らず、その石との相性の問題でしょう。実際、マリア様のご絵の出現とかもありましたし。
 ちなみに、私の霊感は、霊が見えたりするのはありませんが、デジャブや夢でなら「これって霊感に含まれるのかな?」と思う事はある程度です。
 「石と話す」ことも霊感かと言われれば、どうとも言えませんね。一応、オカルトの範囲には入るでしょうけど、単に「無意識下の自分の思いを反射しているだけ」と言われると、反論できないこともあります。

 でも、石や他の媒体と、たとえ自分の声を反射しているだけでも、話をすることは大事だと思います。
 私としては、「浄化はさぼってもいい。でも、その代わりによく見たり触ったり、時には話しかけてみることは大事」だと思っています。
 私と石との繋がりを例えるなら、友達、みたいなものです。
 人と接する時も、黙っていたのでは伝わらないこともあるでしょう。以心伝心なんて言葉もありますが、それは、まずそこまでの絆を深めた者同士ができることです。

 まず、仲良くなりたい石とは、話をよくすることです。何も、人間と違って声に出す必要はありません。心の中で「こんにちは、ご機嫌いかが?」とでも話をしましょう。
 それで、機嫌の悪そうな石には、あたふたして色々浄化などを試してみればいいのです。石は、人間のことをよく見ていますから、それであたふたしてご機嫌をうかがっているあなたを見て、石は笑って「しょうがないなあ」と言ってくれるでしょう。

 石と接するには、まずは自分を石より下に置くとうまく接することができます。猫と接する時は、猫より下にかがんで接するといいと言いますよね。それはまあ物理的なものですが、心情的に土下座するぐらいの気持ちで接しましょう。そうすると、普通の石は「わ、ちょっと、頭をあげて!」となると思います。そこまできたら、もう仲良くなるのは時間の問題です。
 「うむ、よきにはからえ」という心持の高い石は、それはそれで「デレ」期を待つという楽しみがあるものです。

 うちの石たちは、皆に「マスターと呼べ」とは言っていません。
 石の方で「マスター」と呼ぶことはありますが、お金を出して買ったからといって、その石より偉いわけではありません。むしろ、石から学ぶことは沢山あります。
 なので、うちの石は、あくまで「友達」であり(「恋人?」というぐらいデレる石もありますが)、私が石たちの「ご主人様」になることはあまりありませんね。
 まあ、これも、ただの一例であり、「ご主人様」として君臨している人もいると思いますが。

 石と仲良くなるには、自分が道化になることも必要です。
 本当の「バカ」になれというわけではありません。あくまで、石を楽しませるために、自分を身分の低い者のように見せることも大事だということです。

拍手[8回]

PR

2013/10/20 00:38 | Comments(0) | 石との会話

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ブログお引越しのお知らせ | HOME | 「心のゴミ」をどう捨てるか>>
忍者ブログ[PR]