忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/25 15:23 |
アゼツライトは光の存在
アゼツライトが届きましたよ。

 今回は指輪だったのですが、白濁もしていないし、透明な指輪で、「……本当にこれアゼツ?」と思ってしまいました。
 しかし、疑いながらも指にはめてみると、なんか、振動してる!?ブーンという細かい振動みたいなものが伝わってきました。見た目は普通なんですけどね。

 で、今は、その振動も収まり、いかにも「普通の水晶ですよ」という顔をしているので、「あんた、普通じゃないでしょ」と思ってしまいます。
 
 このアゼツを買った所から、アゼツの発見の親、ロバート・シモンズ氏のカードがついてきたのですが、要するにこれは「シモンズ氏公認のアゼツライトですよ」ということらしいです。H&E社製ではないんですけどね。

 全面英文なので、それを和訳した紙もついてきました。なんでも、「天使界へと持つ人を引っ張り上げる」とか「宇宙的光明を見いだす」とか……。なんか、すごそうです。

 アゼツライトといえば、このブログでは「おっさんの太ももで温められた石」ですが、実際シモンズ氏が温めているかどうかは謎です。
 そういえば、アゼツを探している時に、「プログラミング済み」と書かれた石があったのですが、多分それが「太ももで温めた石」なのでしょう。
 実際、以前私が持っていたアゼツライトは、太ももに置いて瞑想すると「お、いいかもいいかも」と思いました。

 で、今回も太ももに置いて瞑想してみたところ、やっぱり「おでこに置くより太ももの方が楽に瞑想できるかも」と思いましたよ。
 一応、アゼツライトは眉間のチャクラに作用すると言われていますが、おでこに直接置くより太ももに置いた方がなんか楽なんですよね。

 あと、アゼツライトは浄化を必要としないらしいです。
 なぜならば、アゼツライトは光の存在であり、自らを浄化する力を持っているとか。これって、以前もどっかに書いた覚えがあるのですが、検索するのめんどくさいので探したい人は探してください。

 また、「アゼツライト」とは「名もなき光」という意味であり、やはり光の存在であると言われています。
 フェナカイトのことも書いてあり、「おお、これは運命?」と思ったのですが、まあ、ニューエイジストーンといえばアゼツライトとフェナカイトはトップ2なのでそんなもんでしょう。

 次回は、アゼツライトと話してみようと思います。多分、話せるはずでしょうから。

拍手[2回]

PR

2013/10/17 00:30 | Comments(0) | パワーストーン(種類別)

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<アゼツライトと話してみる | HOME | 日本人の神への畏怖とは・・・>>
忍者ブログ[PR]