忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/27 17:56 |
流れ着く場所より
 私の宗教観のまとめ。

神道……教えは共感するものの、神社とか行くとしんどいです。吐き気がしたりめまいがしたりします。でも、いつか天皇に会ってみたい。夢では握手してもらいました。赤ちゃんみたいに柔らかい手でした。

仏教……まあまあ体にも合うし、教えも合う。ただ、お数珠はピンとこないのです。お数珠のブレスレットとか、あんまり付ける気しません。あと、お葬式のあげ方とかマナーがめんどくさすぎます。でも、うちのお坊さんは「お葬式は生きている人のためにあるものです。ですから、一番安いものでも十分なんですよ」と言っていました。

キリスト教……教えは正直「は?」と思う所もあり。でも、体には合う。ロザリオとかメダイとか十字架とか、ファッションのモチーフも好きです。ロザリオとメダイは好きで、何個も持っています。コレクターです。

他の宗教……よくわかんない。でも、ネイティブアメリカンとかアイヌとか琉球王国とか面白そうです。いっぺん学んでみたいですね。

無宗教……神様のいない生活とか考えられない。うちにはいっぱい神様います。でも、全部投げ出してみたいという気持ちもあったり。でもやっぱ結局は神様に戻ってくる気がします。

 だいたいこんな感じの宗教観です。外国では「無宗教」と言うと変な目で見られるらしいですね。だから、日本人は「アミニズム(自然信仰)」と言うといいらしいです。sintouと言っても分からないでしょうし。

 あと、何故か青森にキリストの墓とかあるのが日本の謎です。なんでも、ゴルゴダで処刑されたのはキリストではなく、弟で、キリスト自身は流れに流れて一番東の国、つまり日本に辿りついたそうです。で、青森で死んだと。脈絡なさすぎてよく分かりません!
 今発表されている仏舎利(仏の骨)を全部集めると、大仏くらいの大きさの人間になるそうですが、それと似たようなものかと。言ったもん勝ちってやつですか。

 でも、日本では古代諏訪信仰の守矢(モリヤ)はイスラエルの神だといいます。なんか、ちょっとずつ流れ着いた欧米人が伝えた感はありますね。聖☆おにいさんみたいな。昔、テレビで観た情報では、アイスランドが「地面が産まれる場所」で、日本が「地面の終わる場所」だそうです。
 宗教も、日本は「流れ着く場所」なのかもしれません。

にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR

2013/04/05 00:44 | Comments(0) | 宗教・伝承

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<白檀のロザリオ | HOME | 夢に向かって・・・>>
忍者ブログ[PR]