忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/24 03:57 |
とあるショップの在り方について疑問を抱いた
ペンダント、また仕立て直しました。

 勾玉一家はそのままで、真ん中にカーネリアン。そう、以前も書いた、「夕焼け色のカーネリアン」です。
 最近、仕事の方が忙しくなって、でも固定給だからいくら忙しくなってもお給料は増えない、という状態で、修造ストーンであるカーネリアンに力を貸してもらえたらなと。

 でも、このカーネリアン、修造って感じじゃないんですよね。普段はとても大人しく、中の人を感じてみたら、夕焼け色した髪をストレートロングにして、瞼を伏せ気味にした清楚なお嬢様、といったところです。
 しかし、この子が力を発揮するのが仕事の時。いつもは「だりー……また仕事かよー」といったように渋々仕事をしている感じなのですが、これを付けると「うおおお!もっと仕事を持ってこい!!みwなwぎってwwきwたwぜwww」と言う感じになるのです。

 そうそう、仕事といえば。

 ここを読んでいるかもしれない人なので、ちょっと言いづらいのですが、あえて心を鬼にして厳しいことを言わせていただきます。

 とある石ショップさんで、ただ今改装中のお店があるのですが、そこ、7月から改装中でまだ終わっていないらしいのです。
 この時点で、かなりの人がそこから商品を買う気がなくなると思うのですが、久しぶりに更新が来ていたので「お、ショップ再開かな?」と思っていたら、「いつショップ再開できるか、私にも分かりません^^;」とのコメント。

 ……あのですね。
 そこが、いわゆる主婦の片手間的なお店なら別に良いんですよ。それなら、元から期待はしません。
 でも、ちょっと知っている人だからこそ、私はその言葉にがっかりしました。
 「あ、この人はパワーストーンを本気で仕事にしたいわけじゃないんだな」って、分かってしまったんです。
 一度、そこのショップから商品を買って、ご縁を持っていたからこそ、私はがっかりしてしまいました。

 本気でショップを仕事にしたいなら、もっとやり方があるはず。改装だって、頑張ればもっと早くできるはずです。
 なのに、「ショップ再開のめどは立っていません」みたいな言い方されると、誰でも「あ、ここのお店はこういうやり方なんだな。じゃあ商品を買ったとしても確実に届かないかもな」と思うでしょうに。

 なんていうか、「仮にも商売人がそれは言っちゃダメでしょ」って思うんです。「ただ今全力で改装中です。お待たせして申し訳ありませんが、もう少し時間をいただけませんか?」とかならいいと思います。でも、「ショップ再開はいつになるか分かりません」って言われると、なんだか永久に再開ないかも……って、今まで商品を買ってくれていたお客さんまで離れてしまいます。

 んー、日本語って難しいですね。
 その人はその人なりに考えた文章かもしれませんが、私は「もうあそこでリピートはないな……」って思ってしまいました。
 あと、その謝罪(?)の文だけ、顔文字入れまくりだったのもちょっと……と思います。公式としてちゃんと謝罪をする場合、顔文字は絶対入れない方がいいですよ。客商売なら、とにかく頭を下げて下げて下げることです。会社員だって、得意先に謝りに行くのにジーンズは履かないでしょう。対価としてお金を貰っている分は、きちんと謝罪のルールは守るべきです。

 もう、「主婦ですが、趣味としてショップもやっています☆」とかなら、別に止めないですし、こうしてわざわざ嫌われるかもしれない文章なんて書きませんよ。
 私は、少なくとも私がその人のショップから商品を購入した時は、「あ、ちゃんとショップとしてやっていくんだな」って思いました。ですから、購入に至ったわけですし。でも、今回のはちょっと見過ごせませんでした。

 私が勝手なお世話を焼いていて、最初から趣味のショップだったのならすみません。でも、ちゃんとしたお仕事としてのショップにするのなら、文章の伝え方・ショップとしての在り方について考えてもらえませんか?

 
以下、拍手返信

拍手[0回]



>南雲風花さん
うんうん、頑張って「物書き」になりましょう!夢を夢で終わらせないためにもね。
PR

2013/09/21 01:03 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<カーネリアンというかカルセドニー類のこと | HOME | 本当にやりたい仕事>>
忍者ブログ[PR]