忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/20 17:53 |
ショートストーリー:私は水晶
ふと、目を覚ました。

 辺りは真っ暗だ。私が物心ついた時から、ここは真っ暗で静かな場所だ。それが正直退屈でもあり、しかし、安らぎでもあった。
 メノウの殻に包まれながら、私は再び眠ろうとした。いつものことだ。私には意識はあっても眠ることしかできない。

 しかし、眠りは大きな音と衝撃に破られた。
 私は転がる。暗闇から周りは薄闇にへと変化していた。
 何があったんだろう。長い時間起きたり眠ったりを繰り返したが、こんなことは初めてだ。

 やがて、ごと、ごとと音がして、私も誰かに拾い上げられた。
 この時、初めて私はこの世に重力というものがあるのだと気付いた。

 他の仲間と揺れながら、やがて薄闇は強烈な日差しに包まれた。
 産まれて初めて見る太陽だ。何だろう。私はどうなってしまうんだろうという気持ちが沸きあがって来た。

 やがて、私は手から手へと渡り、何かの上に乗せられた。
 何をするの?モーター音が聞こえる。
 怖い、止めて、止めて!モーター音が近づいてくる。
 
 やめて!やめて!やめて!

 やがて、それが終わると、私は何分の以下の大きさになっていた。私の分身が何個も傍にある。
 気付くと、私は丸い形になっていた。何万年も眠っていて、こんなことは初めてだ。次は何が起きるんだろう。

 また、手から手へと私は渡った。ある日は紙きれと、ある日は金物と交換されて、私は何度も海を渡った。海は好きだ。とても綺麗だと思う。
 やがて私は、何個かの分身と繋げられ、また、違う種類の子たちと一緒になって置かれた。皆、不安そうな顔をしている。当たり前だ。あんな怖いこと、もうされたくない。

 でも、ここはちょっと面白い。色んな「人間」という生き物が通り過ぎたり、触ったりしてくる。それぞれが違う性格を持っているなんてちょっと信じられないが、ここの「オーナー」が教えてくれることにはそうらしい。

 やがて、一人の人間が私を持ちあげた。紙きれと交換されて、私はまたどこかにしまわれる。
 今度は何だろう。皆とも別れてしまった。また、海を渡るんだろうか。

 ややあって、人間が私を取りだす。そして、嬉しそうに腕に私を付けて、眺め始めた。
 人間の笑顔は好きだと私は思った。笑顔は私を辛くしない。

 それから、私は人間と色んなことをして過ごした。
 不思議だ。ちょっと前までは、何万年もそうしていた通りに眠っていただけなのに、こんなにくるくる状況が変わるなんて。
 でも、やっぱり、私は人間の笑顔が好きだ。そう思えた。だから、私は人間が笑顔でいられるように祈った。私は、初めて他のもののために祈ることをした。

 時間はあっという間に過ぎる。人間の言葉も少しは分かるようになった。
 でも、ある日、ぶつっと音がして私は人間の腕から転がった。「あーあ、切れちゃった」そんな言葉を投げかけて、人間は私を拾い上げ、狭くて暗い所へ持って行った。

 扉が閉まる。嘘でしょう?私はあなたともっと一緒にいたいの。ねえ、待って。私の話を聞いて。置いていかないで。

 無情に扉は閉まった。私は、途方に暮れた。何万年も眠っていた頃と状況は変わらない。でも、私は知ってしまった。外には広い世界があること、人間と言う生き物が私たちと似ていること。

 ねえ、嘘でしょう?もうここから出られないの?私はもう要らないの……?

 言葉は闇に吸い込まれる。私はそうして途方に暮れた。


 石が採掘されてからあなたの手に渡るまでを書いて見ましたよ。
 バッドエンドなのは悲しいですが、私はこれをよくやっています。なので、沢山の石を悲しませていることに……。なんか私、すっごい極悪人の気がしてきました。
 小説ともポエムとも言えない記事で、なんとも迷いますね。あえて言うならSS(ショートストーリー)?
 一応、主人公は水晶のビーズです。加工される時って、石も怖いと思うんですがねえ。

拍手[1回]

PR

2013/08/18 00:51 | Comments(0) | その他

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<アリとキリギリス | HOME | パワーストーンとファッションは両立するのか>>
忍者ブログ[PR]