忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/29 05:38 |
吸血鬼
 以前買ってあったロザリオを付けました。

 ビーズがバラ模様なんです。正式な教会から通販で買ったら、お祈りの仕方などの冊子が届きました。

 本来、ロザリオは首にかけるアクセサリーではなく、珠を手繰ってお祈りを唱える道具なのです。数珠と一緒ですね。でも、日本ではアクセサリーになっていますね。私もバリバリの仏教徒ですが、ロザリオは好きでいくつか持っています。お祈りはあまりしていませんけどw

 で、ロザリオには大抵メダイが付いているのですが、そのメダイ関連の話で。

 メダイには特別に強い恵みを授ける力があるので、悪魔はどうにかして人間からメダイを取り上げようとするそうです。
 だから、悪魔にそそのかされないよう……とのこと。

 まあ、キリスト教徒からしたら仏教徒だって異端でしょうし、かの有名な大悪魔・バフォメットだってイスラム教のマホメットが元ネタといいますしね。
 キリスト47の悪魔の中には、フェニックスもいて、「悪魔?」と思ってしまいます。確かに手塚治虫の傑作『火の鳥』の火の鳥のような悪女っぷりだったら悪魔と言われるのも納得できますけどね。

 日本では、妖怪といった方がなんとなく分かりやすいと思いますね。ちなみに、私は子供の頃、吸血鬼がすごい怖かったです。血を吸われるとその人も吸血鬼になるというところが怖かったようです。よく分かりませんが。
 吸血鬼の弱点も十字架ですねえ。でも、吸血鬼の元ネタのブラド・ツェペシュは、確かに『串刺し公』という名を付けられた残酷な伯爵となっていますが、別に血を吸ったりはしなかったそうです。

 日本の信長だって、討ち取った武将の頭蓋骨で酒を飲んだといいますし、そういうのはパフォーマンスのような気がしますね。「俺はこれだけ残酷で、逆らったら容赦しないぞ」ということかと。信長は『第6天魔王』ですしねー。
 ちなみに、私は武将では徳川家康がとりあえず好きです。平和な世を作った人ですしね。
 
 おっと、吸血鬼ですが、吸血鬼というならエリザベート・バートリーの方が吸血鬼っぽいと思います。何せ、乙女の生き血を風呂に入れて浴びていた人ですからね。ドラキュラを世に広めたブラム・ストーカーは色んな人物を混ぜ込んだ気がしますね。

拍手[0回]

PR

2013/03/10 01:26 | Comments(0) | オカルト

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<メダイが生きてる!? | HOME | 石の状態が変わる?>>
忍者ブログ[PR]