忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/22 12:39 |
翡翠の中の人・ブレスレットで「見ないで」とは?
さて、翡翠の中の人ですが。

 どうも、うまくアンテナが受信できない感じです。「石と会話ができる」という状態は、パソコンで言うと、サーバーと無線LANとパソコン本体の関係によく似ている気がします。
 まず、サーバーが石です。そして、無線LANがいわゆる「中継地点」で、これは脳の中に秘密があると思っています。そして、パソコンが脳そのものというわけですね。

 まあ、石の中でも翡翠は、のんびり屋でマイペースなところがあるので、あまり気にせずこまめに話しかけてみました。

 そうしたら、ようやくお出ましになったのが、真っ赤に金色の刺繍が施された絢爛豪華な装束を身にまとった、古代中国の貴族然としたお姫様。
 そんなお姫様が、しゃなりしゃなりと上品に、そして堂々と歩いて来て、私の前に立ち止まる……という映像が浮かんできました。

 記事を書いている時やはめ始めた時に、ビリビリとした感じがあったので、多分高位の誰かが入っているのではないかと思っていたのですが、中国貴族ですか……。日本人ではないのですね。

 しかし、このバングルは中国経由していないはず……お店の説明では、「ミャンマーから直接買い付けています」とのことですが、なぜ中国?とも思います。
 西太后のイメージでしょうか。しかし、歴代の悪女とも言われた西太后。おやおや、これはまずいですよ!

 しかし、石の性格を読みとってみた所、大変貴族らしくプライドが高くて、それでいて俗世間に疎い、ちょっと「面倒見てあげよう」と思わせるような石です。
 まだ打ち解けていないので、話と言う話はできないようですが、またまめに話しかけてみようと思います。

 さて、今日はもう一つのお話。

 いまだにありますねー、「パワーストーンは他人に見せたり触らせたりしてはいけない」という業者さん。
 まあ、私としては「でも私は平気だし」で片付けてしまうのですが、パワーストーンにハマったばかりの友達が「そういうのって平気なの?」と不安そうにしているのを見て、「うん?」と思ったわけです。

 で、私は、「そんなの気にすることない。触らせて嫌なら触らせなきゃいいし、自分で考えて好きにすれば?」というスタンスです。
 しかし、以前、ピンクダイヤの中の人がおばちゃんから、人に触らせたら小梅ちゃんみたいなお嬢さんになったこともあり、私は「アクセサリーになっているなら、むしろ積極的に触らせた方が良いんじゃないか」と思っています。

 しかし、パワスト系の本やサイトの中には、「触られたら新しく買い直しましょう」とまで書いてあって、「それって単にパワスト業界にお金を呼び込もうとしているだけじゃ……」と思ったりします。
 そこまで極端でなくとも、例えばタロットカードなんかも「カードは神聖なので他人に触らせないよう」とも書いてあったりします。じゃあどうやってプロは他人を占うんだよ、いちいち「触らないで、指差すだけにしてね」って言うのか?と思ったりしましたが。

 どうも、「スピリチュアル系は他人に触られることを嫌がる」という傾向はあるみたいですね。でも、普通に生活していたら、他人と接するのは不回避じゃないですか。で、ブレスレットなんかは目に留まりやすいと思うんですよ。それで、「他人に見られると効果がなくなる」というのは……?と思います。
 本当に触られたり見られたぐらいで効果がなくなるなら、そもそもブレスレットなどのアクセサリーにしないで、ロングネックレスなんかで「服の下に付けてください」とでも私は注意書きすると思います。それを、ブレスレットで「見ないで、触らないで」というのは……?

 まあ、自分が良ければそれでいいんですけどね。でも、「あんまり本や有名サイトが言っているからといって全て鵜呑みにしないようにね」と注意書きはしておきます。特に、高い石を使ったブレスレットなんかを「見られたから」と言って破棄するのはどうかな、と思いますけどね。もったいない。

拍手[0回]

PR

2013/09/02 01:00 | Comments(0) | オカルト

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<翡翠の品質・鉱物拾いとしての翡翠 | HOME | 翡翠やバングルについて雑学>>
忍者ブログ[PR]