忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/24 03:56 |
ダイヤモンドについて
ブラックダイヤの中の人が誰に似ているか分かりました!

 ブラッド・レンフロです。マイフレンド・フォーエバーの子ですね。
 あれぐらいの外人の子供が入っているようです。

 この間、行きつけのストーンショップでブラックダイヤ見たのですが、ちいさーい石がついて5000円とかでした。結構お買い得?ただ、ブラックダイヤって男性向けらしく、指輪の号数がなかったんですけどね。

 ダイヤもありましたが、6000円くらいで小指の爪の先くらいの石がはまってて、一瞬どこに石があるのかわかりませんでした。
 まあ、ストーンショップに出てくるようなダイヤモンドってそんなもんかと思いますけど。

 ダイヤモンドを買うならば、安くて一万円は覚悟してください。「ダイヤに『お買い得』はない」という言葉もあります。安いならば安いなりの訳がありますよ。

 うちのダイヤは、まず小さいことと、ブラックダイヤの部分に多少の欠けがあるんですね。だから一万円で買えたのか!という感じです。まあ、じっくりルーペで見ない限り分からない傷ですし、いいかなーって思っていますが。

 ブラックダイヤは、他の粗悪なダイヤを焼いて作るといいますが、これもそのうちの一つでしょう。人工的に力を加えていないブラックダイヤは、もっとお値段します。
 しかし、普通のダイヤに比べると、圧倒的に安価で買う事ができます。

 さて。そんなブラックダイヤですが、カラーダイヤモンドが注目される前はどうしていたかというと、なんと工業用の研磨剤にされていました。も、もったいねえ!と今は思いますが、その頃はダイヤといったら透明が人気が高く、それ以外のダイヤはあまり流通していなかったんですね。

 今でも、宝石質でないダイヤは工業用にまわされます。だから、ダイヤの原石というのはなかなか出回らないんですね。
 よく、「実は美少女だった」という女性を「ダイヤの原石」といいますが、それは、磨かないと光らないのでそういうのです。ダイヤも同じ。原石のままだと冴えない石なんですね。有名なブリリアントカットなどに加工すれば、綺麗に光ります。
 ダイヤの原石な子も、磨けば光るという意味で使われます。

 さて、ダイヤモンドといえば、ハーキマーダイヤモンドなんていうのもあります。
 しかし、それはダイヤではなく、水晶の一種です。これは、磨かなくても光ります。名前の由来も、「まるでダイヤモンドのように輝く」という意味でつけられました。
 私は所持していないのですが、綺麗な石だそうですよ。

拍手[0回]

PR

2013/07/02 08:41 | Comments(0) | パワーストーン(種類別)

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<水晶で実験! | HOME | フローライト>>
忍者ブログ[PR]