忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/20 17:49 |
ダイヤモンドの価値は?
私の買っているダイヤの値段を聞いて、「え!?なんでダイヤなのにそんなに安いの?」と思われる人もいるでしょう。1万円と5000円ですからね。

 そこで、今日は「何故私のダイヤは安いのか」という説明をいたしましょう。

 まず、ダイヤモンドは普通、4Cという基準に当てはめられてその値段が決まります。
 C(カット)・C(カラー)・C(クオリティ)・C(カラット)。この4つの頭文字で4Cというわけです。
 
 カット(研磨)。これは、ラウンドブリリアンカットという、ダイヤで良く見かける逆三角形のあの形が最上とされています。
 私のダイヤの場合、ローズカットという、カットの品評外のカットなんですね。今度来るダイヤモンドは、一応この形のようですが、写真で見てもよく分かりませんね。だからこれ以降は今度来るダイヤモンドのことは割愛。

 カラー(色)。これも、より透明で白っぽく光るものが良いとされています。
 私のダイヤは言わずもがなブラックダイヤ。これは、最近になって人気が出てきたダイヤのため、また、商品価値のないダイヤを焼いて作っているという話もあり、評価されません。同じく、「カナリーイエロー」と呼ばれる物以外のイエローダイヤ、ブラウンダイヤなどは安価で手に入ります。ピンクダイヤやブルーダイヤは人気があるため、普通の透明なダイヤより高価になることもあります。この2種をお求めの人は、頑張ってお金を貯めてください。

 クオリティ(透明度)。これも、カラーの時と同じく、透明なものが好まれます。内包物や傷などはあってはいけません。
 私のダイヤは、ブラックのために透明度はなく、また、肉眼で見える傷もあります。

 カラット(重さ)。これは大きさですね。
 私のダイヤは、0.07カラットと、かなり小さめです。ミリ単位で言うと3mm。高価なダイヤは1カラット単位になります。

 要するに、この基準から外れていれば、ダイヤといってもかなり安く手に入ることになります。だいたい4000~6000円くらい。私のブラックダイヤは1万円でしたが、それでも安い方です。宝石品質ならば40万円でまだ安いなんてこともあります。

 結婚指輪とか、特別な意味の指輪ならともかく、普段使いするようなダイヤモンドは、それこそクズダイヤと呼ばれるぐらいで平気です。特に、パワーストーン的な意味を求めるならば、あえて基準から外れたものを選ぶと安くつきます。
 パワーストーンならば、別に大きくても小さくてもパワーは変わりません。そこに付属する意味が大事になってきますからね。まあ、「40万円!?安いわねえ」というブルジョワな人もここを読んでいるかもしれませんが。そういう人は、4Cを守って高品質なダイヤをお求めになってください。羨ましい。

 大手の石ショップだったら、ストーンマーケットなどでよーく見ないと分からない程度のダイヤのリングが4000~6000円ぐらいで売っています。また、大手の通販サイトで検索すれば、もっと安いものもあるかもしれません。
 ただし、ダイヤモンドで検索しても、「キュービックジルコニア」という文字があったらご注意!それは、模造ダイヤと呼ばれる石です。ダイヤと似ていますが、違いますし、そもそも人工石です。なので、安価なのは当然なのですよ。

 まあ、「ダイヤモンドに得という文字はない。値段相応」と言われていますので、「お得にダイヤモンドが欲しい!」という無茶なお願いはしないように。しかし、前記のとおり、小さくても、傷があっても別にいいというのなら、まあ値段相応のお買いものはできます。全ては、お財布と相談しながら、ですね。借金してまで石を買わないように……。

拍手[1回]

PR

2013/07/15 00:34 | Comments(0) | パワーストーン(種類別)

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<見た目は悪くともパワーは感じる・・・ | HOME | 透明な石の魅力>>
忍者ブログ[PR]