忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/20 17:53 |
ヒマラヤ水晶のシバリンガム
届いたので、ご報告がてら簡易更新。

 ヒマラヤ水晶のシバリンガムです。そう、私が今回買ったのは、普通のシバリンガムではなく、水晶製だったんですね。
 何故かって、安かったからです。あと、普通のシバリンガムって、味のある色合いですが、なんか普通の石っぽいじゃないですか。私は、石をアクセサリーとして見ているので、今回は普通のはパスしました。

でも、シバリンガムも、「年に一度しか採れない」とか「川底に沈んでいるのを採ってくる」とか言われていますが、実際はシバリンガムと同じ構成の石を磨いて作られている石なんですね。だから、結構流通はしています。ので、そんなに高価ではないかと。

そうですねえ……だいたい、小さいので1000~2500円くらいでしょうか。そりゃ、大きいものになると価格は上がりますけどね。

私が今回買ったヒマラヤ水晶のシバリンガムは、1000円でした。ペンダント加工してあって1000円はお安いのではないでしょうか。

さて、このシバリンガム、ペンダントにして首から提げたら、心臓の辺りをジンジンさせてきました。ムズムズするような感じで、今までの石たちのジンジンとはちょっと違う。
で、何か言いたいことがあるのかと聞いてみたら、「マターリせよ」とのことです。「マターリですか?」「うむ、マターリせよ」と。
一応、知らない人のために解説入れると、マターリとはネットスラングで「まったり」のことです。要するに、楽にしろってことでしょうか。

それで、感じとしてはヴィシュヌとかシヴァみたいなヒンズーの神様っぽい中の人がいるようです。シヴァの男根を象っているので、シヴァかも。ルドラクシャの中の人と同じような感じですが、私にはインド人の見分けなんてつかないので、同一人物かは分からず。でも、多分違います。こっちは関西弁ではないし。

で、出身はインドです。サイトの表記によれば、クル渓谷産だとか。ヒマラヤ山脈って広いんですねえ。ネパールからインドまで続いているようですし。

表面にちょっと傷がついていますが、それも天然の証ですね。で、何故か石の底に半円のような感じの内包物?みたいなものが見えるんです。ファントムだったら三角ですし。これ何?
触った感じですと水晶の肌触りなんですよね……謎の半円。そういう磨き方してるからそう見えるだけ?謎です。

拍手[0回]

PR

2013/06/27 12:50 | Comments(0) | パワーストーン(種類別)

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ヒマラヤ水晶のシバリンガム 続き | HOME | ダイヤは自分で買ってこそ>>
忍者ブログ[PR]