忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 11:40 |
ブラッドダイヤは呪われた石?
ちょっと暗めの話になりますよ?

 ダイヤのことを調べていたら、あちこちに出てくる「ブラッドダイヤモンド」の文字。
 で、詳しく解説してくれているサイトさんに出会って1通り読んだのですが、どうも「紛争地帯で出土されるダイヤモンド」のことをブラッドダイヤモンドというらしいです。

 私は以前、「呪われた石などない」ということを書きましたが、これは呪い以前の問題で、実際に人の生き死にを左右しかねない動きです。

 ブラッドダイヤのことを簡単に説明すると、「ケニアなどの紛争地帯で出土し、お金の代わりに武器と交換するダイヤモンド」を指します。
 そこには、多くの人の血が流れ、また、新しく血を流す悪循環があります。

 映画で、ブラッドダイヤモンドという作品があるそうですが、その作品では紛争地帯でピンクダイヤモンドの塊を隠し持って一攫千金を狙う人間の落ちてゆく様を描いているそうです。
 見たことはないのですが、有名な映画サイトさんによると「特に女性は一回は見るべき。気軽にダイヤモンドを欲しくなくなる」とか。

 確かに、ダイヤに罪はなく、呪いもない。でも、そこには呪いよりも恐ろしい無関係の一般人の血が流れるという現実があるのです。
 紛争下においては、村は襲われ、男は残忍に殺され、女は強姦の末になぶり殺しにされ、その死体は白昼の下に晒されるという悲劇が現実に起こっています。

 確かに、ブラッドダイヤモンドが採れれば、ダイヤの価格は安定するかもしれません。でも、それがまた紛争の武器になると思うと、やはりブラッドダイヤはない方が良いと思います。
 
 しかし、ご安心を。日本ではそういった悪循環を断つために、ブラッドダイヤモンドと言われるダイヤの輸入を政府が拒んでいます。他の大国でも、同じようにブラッドダイヤモンドは買わない、と意思表明している国は多いです。
  
 逆に、小国でダイヤが安いといって買ってしまうのは避けた方がいいでしょう。特に、ケニア方面での出土品は止めておいた方が無難です。
 ブラッドダイヤモンドを買うということは、紛争に加担していることになります。

 これから、紛争がなくなって、改めてダイヤの出土地として栄えることになるアフリカの未来を思いつつ、ペンを置きます。どうぞ、人の世に光あらんことを。

拍手[1回]

PR

2013/08/04 00:18 | Comments(0) | パワーストーン(種類別)

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ピンクダイヤがおばちゃん化した件について | HOME | ブラックスターはお星様>>
忍者ブログ[PR]