忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/21 12:03 |
ペリドット
 ある男友達が、ペリドットが誕生石だというので、今日はペリドットの話をしようと思います。

 ペリドット……8月の誕生石として有名ですね。誕生日8月の人は、「なーんだ、そんなに珍しい石じゃないじゃん」ってがっかりした人も多いかと思います。

 でも、この石、別名「イブニングエメラルド」と呼ばれ、特にまだ電球のなかった時代の王侯貴族の間では、薄暗い明りの下でも綺麗に輝くということで重宝されていました。
 また、暗い宝石鉱の中でも、美しく輝く姿から、その名前が付けられたという話もあります。

 ペリドットは「太陽の石」とも言われ、まるで新緑の緑のような明るい緑は生命力を現しているとも。
 よく、「夫婦の幸せ」という石言葉が有名ですが、私の体験した限りでは、気分が沈んでいる時に効くと思います。

 それも、「そこだ負けるながんばれやればできる!」という修造っぽい感じではなく、「大丈夫。準備ができるまで待ってるから準備ができたら一緒に行こう」という優しく手を取ってくれる感じです。

 私も8月生まれでペリドットが誕生石なので、ペリドットは2個くらい持っているのですが、これを付けると電化製品に異常が見られるんですよね。
 今日、なんとなくペリドットが気になるので恐る恐る付けてみたら、早速蛍光灯が点滅し始めました。

 ということで、私にとってペリドットは「太陽の石」ではなく「嵐の石」に近い感じです。
 付けると電気がビリビリ来るような。でも、綺麗な石なので、つい付けてしまいます。もしかして、付けてから時間が経てばそれも収まるのかもしれませんし。

 でも、とにかく優しい石なので、オロオロしている時に背中を押してくれるような感じではありません。オロオロしているなら、オロオロが収まるまでじっと待ってくれているような石です。
 たとえば、あなたが病気になったとして、「よし、早くよくなるようにリハビリだ!」と言ってくれるのがカーネリアンやヘマタイトなどの修造ストーンで、ペリドットは「良くなるまで傍にいるよ」って感じです。
 要するに、使い分けですね。ぐいぐい引っ張ってほしいなら修造ストーン、優しく見守ってほしいのならペリドットかと。そう考えると、ガンなどの重病にかかっている人へのプレゼントなどはいいのかもしれません。

 ちなみに、私の祖母が初期ガンで入院した時は、乳がんだったので、ローズクォーツをプレゼントしました。ハートのチャクラを癒してくれるように。それが効いたのか、無事に退院し、今では元気に農作業ができるようになりました。

拍手[0回]

PR

2013/06/06 00:28 | Comments(0) | パワーストーン(種類別)

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<美しくなれる石? | HOME | フルグライト>>
忍者ブログ[PR]