忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/22 17:37 |
嫌がらせ対策にはオブシディアンを
オブシディアンの洗礼を受けましたよ。

 オブシディアンには、「問題を明るみに出して解決へと導く」という効果があるそうですが、それにはまず、ずっと見ないふりをしてきた問題を正面から見据えることが大事なんですね。
 で、今日、あまり仲良くないどころかヘタすると敵、というぐらいに仲悪い家族の一人と、ちょっとモメたんです。

 それが、あまりに自分勝手な態度だったので、私はいつもは「はいはい」と引くところを、怒りで強く出たんですね。そうしたら、その家族は急な反撃にびっくりしたように見えて、それから気まずそうに口をつぐみました。なーんだ、私、ナメられてただけじゃんって。
 また、それが後からムカついたんですが。でも、今度衝突があった場合は、「あんたの言う事はもう聞かない。あんたの思う通りにはならない。縁切ってもいい」と宣言しようと思います。

 家族でもね……結局は最初の他人ですからね。ドラマみたいな仲良し家族なんてそうそういませんよ。でもまあ、どんなに仲いい家族でも、遺産や介護でモメるのは今の時代誰でも通る道らしいですね。

 オブシディアンですが、「やってくれたな~」という感じです。しかし、いつもと違って、ちゃんと自分の意見を主張できたのもオブシディアンの効果だと思います。オブシディアンって、強気になれるというか、怒るべきところで怒れる効果があると思うんです。シバリンガムが感情を消していたのですが、オブシディアンはその逆で、感情を増幅させるような……。

 それと、自信がつきますね。自信がつくからこそ、正当な意見を主張できるので、「気が弱くて理不尽なことを言われても何も言えない」という人にはぴったりだと思います。
 ハラスメント(嫌がらせ)にも効果があるんじゃないでしょうか。セクハラとかモラハラとか色々ありますが、一回キレると「あいつは問題を大きくするから止めておこう」と解決することもあるかと。

 しかし、ハラスメントを受ける人の特徴って、「自分に自信がなく、何でも『自分が悪いのかもしれない』と思ってしまう人」なのだそうです。うーん、そうか……。まあ、心当たりがないと言えば嘘になりますね。
 ハラスメント加害者は、自分がコントロールできそうな相手を選んで嫌がらせをするそうです。そういえば、うちのハラスメント加害者も、他の家族には何もしないし、他の家族のいる前では嫌がらせを行わないんですが。勝手に自分の中でヒエラルキーを作って、自分より下だと思っている人間には横暴な態度を取るようです。

 でも、落語家だかの言葉に、「『あいつぁ俺より上手いな』という相手は自分よりだいぶ上で、『あいつは俺と同じ位だな』というのは自分より上、『あいつはダメだ。才能ないんじゃねーか?』という相手こそ自分の今の位置」だといいますね。
 うちの加害者にも読ませたい言葉です。ああ、考えすぎて胃が痛い。

拍手[3回]

PR

2013/07/05 00:48 | Comments(0) | パワーストーン(種類別)

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<レムリアンシード | HOME | オブシディアン>>
忍者ブログ[PR]