忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/29 05:37 |
いつか、王子様が
 前回の記事を読み返したら、「結局ルビーとサファイアのことは何一つ言ってないやん!」と思ったので、更新です。

 ……とはいえ、もうすでにルビーとサファイアに関しての知識は枯渇しているのです。枯渇するの早すぎじゃないですか?もっと頑張らないといけないんじゃないですか?>自分

 まあ、ルビーもサファイアも、石のこと知らない人でも思い浮かぶ宝石ですよね。パワーストーンの場合、半貴石といって、いわゆる宝石質の石は少ないのですが、ルビーとサファイアは貴石に入り、宝石の一つとされています。

 ダイヤ、エメラルドと合わせると、4大宝石ですね。4大宝石にもお国柄があるらしく、中国では翡翠が入ったりします。翡翠って、中国ではすごく人気があるんです。

 それはそれとして、だからって半貴石では効果がないの?と言われるとそうでもありません。確かに、宝石と呼ばれる類の石は、なかなかのパワーを秘めていますが、それだけの話です。
 たとえば、一流大学を出た男性と必ず幸せになれるか?と言われたらそれも疑問ですよね。いわゆるFラン大学出身や高卒の人でも、確かな幸せを手にしている人は沢山います。要は、相性なんですよ。

 それと、確かに4大宝石といわれる石は高価ですが、ダイヤモンドなんかは実は結構産出されるのだそうです。じゃあどうしてあんなに高いの?という疑問になりますが、それはデビアス社の問題なんです。
 市場に流通するダイヤモンドは、大抵デビアス社が管理しています。デビアス社としては、ダイヤモンドがそうそう安く手に入る事態になるのは避けたいので、流通の動きを完全に管理することで、ダイヤモンドの価値を保っているのだそうです。

 「じゃあ、全部デビアスの自作自演じゃん!騙された!」という人もいらっしゃるでしょうが、まあ、資本主義とはそういうものです。特に、宝石類は、有名なヒーラーが「この石は特別な力がある」と言えば価値が倍以上に膨らむこともあります。私が前に買った、「おっさんの太ももで温めた石」、アゼツライトなんかはそうですね。普通に流通させていたら、おそらく「クズ水晶」として投げ売りされていたでしょう。

 それが分かっていて、なぜ石を買い続けるのか?それは、「期待しているから」です。

 運命的な石との出会いに期待をしている。それが、私の今の状況です。
 まるで、王子様がいつかきっと現れると信じている村の娘のように、劇的な出会いを果たし、幸福に導いてくれる石を、私は待っています。

 しかし、そのような淡い夢は得てして叶い難いもの。それでも、私は期待せずにいられないのです。いつか、王子様がやってくると……。

拍手[3回]

PR

2013/02/19 00:05 | Comments(0) | パワーストーン

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<タイガーアイ付けた | HOME | スピ系は「自分で選んで自分で決めろ」が基本姿勢>>
忍者ブログ[PR]