忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/24 03:57 |
フェナカイトは高次元とワークする?
さてさて、フェナカイトです。

 来て早々、「心の大掃除」をして、次に「クラウンチャクラを開く」ことをして、人間ならワーカーホリックのように仕事をしています。

 で、その間、他の石とも喋ろうとしたのですが、何故か喋れないのです。喋ろうとはしているけど、声が届かない感じ。何でだろう?と不思議です。フェナカイトとは喋れたんですけどね……。

 それで、フェナカイトに「こういう状態なんだけど、あなたがやってるの?」と聞いたら、「今は、他の石の話は聞かなくていい」だそうです。嫉妬……というわけでもなさそう。「これも仕事の一環」みたいな。

 でも、石の力は感じるようになりました。翡翠に腕をビリビリさせたり。そういえば、母の誕生日にパワーストーンのブレスレットをあげたら、「なんかかゆいから付けるのやめちゃった」と言われ、よく聞いてみたら、それは私が力のある石を付けた時の「ビリビリ」を「かゆい」と勘違いしていたようでした。

 そういうことに疎い人は、それでパワーストーンを付けるのを止めちゃうのかな、と思うと非常にもったいないです。
 また、フェナカイトを持ってみて、「何ともない」と言う人には、有名ヒーラーが「おめでとうと言いたい。それは、フェナカイトの次元にあなた自身が引き上げられた証だから」と書いていました。
 フェナカイトを持つと、アセンションといって、高次の次元に引き上げられるという効果もあるそうですが……よく分かりませんね。

 なんか、最近になってアセンションアセンション言われるようになったのですが、多分マヤの予言が流行った頃からよく聞くようになった言葉だと思います。
 それによると、マヤ歴は地球が滅亡するわけではなく、違う次元に人類が達するという話です。実際、人類は滅亡していないわけで。まあ、だからといって高次元に引き上げられたかというとそうでもないような。

 しかし、アセンションには、キリストの昇天、という意味もあるそうです。なるほど、欧米から来た用語なのか……と思うのですが、マヤ文明ってメキシコですよね。でもまあ、キリスト圏ではあるか……。

 しかし、さっきから翡翠が何かを訴えたいのか、腕がビリビリします。ワックスでかぶれたとかではありませんね……それなら、付け始めた頃からかゆいか、赤く腫れるかすると思うのです。
 ついでに、足もかゆくなったり。うーん?何の比喩だか分からないのですが。

 フェナカイトを持っての頭痛ですが、いまでもします。フェナカイトの主成分であるベリリウムは人体に悪影響だと言われていますが、それとも違うような。大体、鉱石で危険なのならば、他のベリリウム鉱石であるエメラルドやアクアマリンなども悪くなってしまいます。今のところ、付けている場所が腫れたりはしていません。

 色々と疑問が出てきたので、後でフェナカイトと話してみようかと思います。……答えてくれるかは謎ですが。

拍手[6回]

PR

2013/10/13 00:52 | Comments(0) | パワーストーン

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<よく道を聞かれる女 | HOME | フェナカイトのお仕事>>
忍者ブログ[PR]