忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/22 17:38 |
プログラミングってした方がいいの?
 さて。

 そもそも、「プログラミングなんて必要なのか?」といった疑問ですが。

 とある筋で有名な「佐藤初女」さんという人がいます。
 その人は、ただ料理をするだけで、その料理を口にした人は皆元気になって帰っていく、という魔法のような能力を持っています。

 でも、佐藤さんの能力は、「食材には感謝の心を込めて、たとえばお野菜の皮をむくのでも、お野菜が苦しくないようにと念を込めながらむく」「おにぎり一個でも、お米に感謝し、また、おにぎりを食べる人の健康を願いながら握る」という、いわゆる「プログラミング」のようなことをしているのですね。

 佐藤さんは、普通に料理をするだけで、何人もの引きこもりや健康に問題のある人を助けてきたといいます。

 人がふと、「お母さんの料理が食べたい」と思うのも、お母さんの思いがプログラミングされた料理を食べていたからなのかもしれません。

 そう、プログラミングって、石に限らず何にでもできてしまうものかもしれませんね。で、石と共通するのは、「触れて、念じること」。石も、ただ眺めているだけ、ただ付けているだけでは機能が鈍ってくるような気がします。「綺麗だね、可愛いね」と念を込めて撫でてあげると、石も喜びます。

 そう考えると、前述した「パワーストーンショップの石とジュエリーショップの石とは違う気がする」というのも、パワーストーンショップでは「石は生きている」という前提で取り扱っているのを石が知っているからなのかもしれません。
 まあ、中には「こんな石ころで何千何万円なんて、ボロい商売だ。客はバカだ」という念も入っていることもなきにしもあらずなので、手に入れて何か違和感を感じたら浄化をお勧めします。

 そう、残念ながらそういうパワーストーンショップもあるんですよ。まあ、人間の念なんて、何万年も生きてきた石にとっては鼻息みたいなもんですから、浄化すればすぐに取れます。ただ、「生き霊(生きている人間の強い怨念)」並みになってくると、神社のお世話にならなくてはなりませんが。

 ちなみに、私は長いことプログラミングしない派でしたが、最近になってようやくプログラミングするようになりました。
 プログラミングせずとも、石は力を貸してくれますが、何か叶えたい願いがある場合はプログラミングいいですよ。さすがに、複数の願いを一つの石にするのは無理があるので、そういう場合はたとえば「恋愛はこの石、仕事はこの石」といったように役割を分けるのがいいと思います。

拍手[1回]

PR

2013/01/21 12:23 | Comments(0) | パワーストーン

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<アゼツライトに虹が・・・ | HOME | 琥珀に罵倒される>>
忍者ブログ[PR]