忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/25 17:46 |
石について雑記
とある漫画家志望の人の話です(知り合いとかじゃなく、ネットでの書き込み)。

 その人が漫画を持ちこみに行ったところ、編集部の人は話を読み終わり、彼の話(このページはどうだとか)を聞き終わると、静かに「今、君が解説したようなことは、漫画を読む全ての人に言って回るつもりかな?そんなことできないよね?君が解説したことは、本来なら作品に全て詰め込むべきだ」と言われたそうです。

 これを読んで、表現者になろうとしている私は、かなり「ほほー」と思いました。
 漫画だって何だって、設定集みたいなのを作れるのはほんの一握り。だとしたら、設定は全て作品の中に詰め込むべきなんだなあと。

 さて、石の話をしましょう。

 なんか、これ付けたい……ということで、再びブラックスターを紐に通してみました。勾玉一家が4個だったので、2個ずつ挟むような付け方をしたら、案外エスニックな感じになりました。

 以前気になっていた「石と石がぶつかる」というのもなく。まあ、間に結び目を作っているのですが、それでも以前はぶつかってしまっていたのですよ。
 なんか男性向けっぽいなーと思っていた見た目も、なんとなく勾玉に挟まれていると男性でも女性でも付けられるような。

 ちなみに、ブラックスターと同じ石であるダイオプサイトは、緑っぽい石です。和名透輝石。なのに、別に透けたりはしません。なんでこの名前がついたんでしょう?石によくある、「途中から名前が変わった」というやつでしょうか。

 それと、ブルートパーズも付けています。
 翡翠の間を取り持ってくれた石ですしね。また、ブルートパーズは「運命を結ぶ石」とされています。何も、恋人だけではなく、仕事や趣味などの縁も取り持ってくれるとか。
 私は、かなり青の濃い、ロンドンブルートパーズというものを付けています。これは、単に好みの問題になりますが、ブルーの濃いものがロンドンブルートパーズ、逆に淡い水色がスイスブルートパーズとなるそうです。

 しかし、トパーズは日光に弱い石。また、大抵放射線で熱処理されているブルーなので、熱には弱いです。お風呂ぐらいなら平気ですが、日光浄化には向いていません。

 しかし、さすがに人工処理されているだけあって、発色は綺麗ですよ。人工石や人工処理されてる石は、何より綺麗なのが手軽に手に入るのが嬉しいですね。
 
 天然ものでトパーズの綺麗なのが欲しい!となったら、やっぱり頑張ってお金貯めないと買えません。私は、一般庶民なので、別に放射処理されていてもあんまり気にならないので、バンバン人工ものを買っています。
 翡翠とかは別ですけどね……天然って言われてるのに人工だったらそりゃねえ。
 
 放射線っていうと、なんか怖いイメージありますが、あのキュリー夫妻はウラン鉱石を綺麗だからといってポケットに入れて身に付けていたのです。だから短命だったというわけでもありませんし、そもそも放射線なんて太陽光の中にも入ってるぐらいですから、小石程度のものならばそんなに気にしなくてもいいんじゃないかと思いますね。

 ただ、染料やオイル・ワックス処理などは少し気を付けた方がいいかもしれません。肌に当たる部分では、肌が荒れたりする恐れがあります。気になる人は、石専用の小さい鍋を100均などで買ってきて、それで石を煮ると表面の処理は抜けるといいます。ただし、食べ物を煮る鍋で煮てはいけませんよ。当たり前ですけどね。

拍手[0回]

PR

2013/09/08 00:55 | Comments(0) | パワーストーン

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<「気づき」ってそこにあるもの | HOME | お姫様対決、これにて閉幕>>
忍者ブログ[PR]