忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/22 12:35 |
欲しいバングルがあります・外国でのオカルト話
なんだか、吐き気が止まりません。

 ここのところ、体調も少し良くなってきていて、ご飯も食べられるのですが、その後吐き気に悩まされます。まだ本調子ではないということでしょうかね。

 石の話は、ただ今楽天優勝記念でセールをやっているところが多いようですね。
 私は、前から狙っていた石が、残念ながら値引きはされていなかったのですが、ポイント10倍ということでかなり迷っています。
 でも、貯金はまだできていないし、携帯の修理代もかかるかも分からないし……。ぶっちゃけ、狙っているのは翡翠のバングルです。またバングル沼かよ!って感じですが。

 今はめているのは西虎さんだけなのですが、西虎さんにヒビが入ってしまい、いつ割れるか分からないのです。
 だから、代わりのバングルが欲しいのですが、翡翠のバングルって高いんですよねー。一応、安いのならば一つは買えるぐらいの貯金はできたのですが、そこから携帯の修理代も引くと、赤字になってしまいます。赤字といっても、借金とかじゃないんですが。

 石を買うにあたっては、借金は絶対にだめです。石に限ってではないのですが、借金をしてまで「幸せになりたい」と石を買うのでは本末転倒すぎです。
 まあ、親に借りるとかならギリギリオッケーですが、借金だけは絶対にしないと誓ってください。

 さて、バングル話ですが、そのバングル、例の「今の私のファッションでは浮いて見えるかもしれないバングル」です。
 彫刻バングルなんですね。でも、あまり中国中国してなくて、それでもって縁起の良い事柄が彫られているバングルで、正直かなり欲しいです。

 楽天のセール中だし……うー、明日あたり買っていてもおかしくありません。

 「月末に悪魔はやってくる」とはよく言ったものですね。一か月我慢できたと思ったら、これですよ。もうね、私に貯金なんて一生できない気がしてきました。貯金……使っちゃいけないと思ってる分はあるんですけどね。

 でも、石買い趣味って、難儀な趣味です。質に出すのだって、18金とかでなければそうそうな値段は付きません。貨幣価値で言えば、宝石でもノーブランドの石なんてものは値段が付かない、ホントにただの石扱いです。
 それがどんなに高価なものでも。ただし、ルチルの上質なものや、翡翠の高い物などは、中国に行くと金持ちが「言い値で買おう」となることもあるそうです。実際、2chのパワストスレで、ルチルの金針ビシバシのものを付けていたら、中国系の人に「そのルチルを売ってくれ」と言われた体験談もあるそうで。なんでも、中国では、ルチルは商売繁盛のお守り、翡翠は不老長寿のお守りとして、大変価値があるそうです。
 中国人って、共産圏のはずで、そういうオカルト的なものは本来信じないはずじゃ……?と思うのですが、中国人は結構オカルト的な物を信じる主義だそうです。韓国人も占いなどを信じますし(それで手相整形なるものもある)、台湾人も占いオカルト大好きな国だそうで。

 うーん、日本の周りって、結構オカルト好きな国多いですね。まあ、世界の中にはそういう宗教的なものを信じる国の方が圧倒的に多く、逆に無宗教と言うと、場合によっては「躾のされていない人」扱いをされたりするそうですよ。外国に行く人で、宗教は?と聞かれたら「アミニズム(自然崇拝。神道もここに含まれるらしい)」か「ブッディスト(仏教徒)」とかわすのがスマートでしょう。

 あと、外国人は大抵子供の扱いに慣れています。リゾートとされている所はほとんどそうですね。
 私が幼少の頃、グアムに旅行に行ったことがあるのですが、皆ニコニコしながら接してくれましたし(日本人では絶対しないであろういたずらなんかもありましたが)。でも、別に日本人が子供嫌いなわけじゃないと思うんですけどね。他人の子供をどう扱っていいのか分からないという感じはあります。私も、子供あんまり好きじゃないですけど。

 ……なんで外国の話なんかしてるんだろう?私。いつも通り次々に話が逸れますね。まあ、それもこの『魔法石の庭』ならではの趣向ということにしておいてください。

拍手[0回]

PR

2013/09/29 00:55 | Comments(0) | パワーストーン
幸福と毒
電化製品の不調、まだ続いています……いつになったら終わるんだろう、これ。

 今度は、借りた代用機に充電しようとすると、5分くらいで「充電されました」ってなるんだけど、残り電力は減ったまま。だから、何度も差し直さないといけません。これはどう考えても充電コード側の問題なので、新しく充電コードを買いました。

 元々、純正の充電コードってあんまり持たないみたいですね。だから、買い直す人も多いとか……でも、ガラケーだった時はそんなことなかったのにな……と思うと、私にはガラケーで十分なのかも、とか思ってしまいます。

 さて、石の話をしましょう。

 そんなこんなで、付ける石を替えてみながら電化製品に問題がないか調べる毎日です……。
 今は、ブラックダイヤに。これ付けたら、パソコンの調子が良くなったからなんですけど。
 でも、前記の充電不調になったのはブラックダイヤ付けてからなんですよね……。

 なんか、私、強い石ばかり付けてる?って思うのですが、惹かれる石が強い石ばかりというのもあります。
 ダイヤとか、翡翠とか、レムリアンシードとか、ラピスとか……うわ、こう挙げてみると結構なレシピですね。そりゃ悪酔いもするわって感じでしょうか。

 しかし、今付けている石を見てみると、「私は何がしたいんだ?」って感じです。効能的に。
 あと、欲張りすぎかな、と……。何か一つに絞った方がいいんでしょうか。でも、今の石のレシピ、外見的には気に入ってるんですよね。
 まあ、何年か前までと比べたら、働けてるし、お金の心配は生きて行く分にはあまりないし、携帯の不調やパソコンの不調なんかは欲張りな悩みなのかなあって思います。

 本当は、ダイヤ一個付けてるだけで大体の悩みは解決するのかもしれませんが、私は石オタク。石は、身に付けてないとそわそわします。
 だから、石は沢山付けたいのですよ。多少無理をしてでも。

 ダイヤなんて2つ付けてますしね……。でも、ダイヤいいですよ。呪われていたとしても、手放さない理由がなんとなく分かる気がします。
 
 そういえば、昔、モナリザが盗まれ、のちにある男が出頭し、逮捕されたのですが、その男の供述で、「モナリザがあまりに美しく私に微笑みかけたので盗んだが、段々モナリザが罵倒の言葉を発するようになったので出頭した」と言ったそうです。

 まあ、科学的に言うと「この男は精神疾患の持ち主である」と片付けることができると思いますが、私にはなんとなくその男の行動が分かる気がします。美しいものにはとげがある。宝石でも何でも、それは同じなのかなあと思います。
 美しいもの、惹かれるもの、それにはたっぷりの毒が仕込んであるかもしれません。でも、人はそれを求めずにはいられないのでは?と。

拍手[1回]


2013/09/25 00:57 | Comments(0) | パワーストーン
エカテリーナの呪いのダイヤ
もうすぐで一か月、石買いを我慢できたことになります。

 やったー!お金貯まる!と思いきや、昨日ちょっと書いた携帯の不調で、もしかしたら修理代金払わなければならないかも……となって、がっくり来ました。まだ、確定ではないんですけどね。

 もう、これは神様が「こいつには金貯めさせてやんねー」とでも画策しているとしか。いや、石も色々目移りしたんですけど、頑張ったんですよ!誘惑に負けずに頑張った人に対してのこの仕打ち……あんた、神じゃない!鬼だ!

 でも、逆に考えると、ですよ。いつも通りに石に散財して携帯壊れてたら、もっとダメージ大きかったはずです。そう考えると……いい……のかな?

 石関連はというと、カーネリアンとルビーがかなり後押ししてくれている感じです。
 普段の私だったら、「携帯不調……でも、外に出るのやだなあ」と思っているところですが、この2つを付けてからは「不調なら直しに行かなきゃ!」となって問題なく外に出れているようです。
 
 そうそう。ちょっと前のテレビで、「世界遺産の秘密」みたいな番組で「呪いのダイヤ」が紹介されていました。ロシアの女帝・エカテリーナが勺杖として愛用していた品らしいのですが、その大きさと透明度に、母と一緒に「これって本当にダイヤ?」「透明で水晶みたいだよね」と考えてしまいましたが、まあダイヤなんでしょう。

 しかし、そのダイヤが本当に「呪いのダイヤ」なのかは疑問です。
 そもそも、エカテリーナは他にいくつものダイヤを持っていたわけですし。実際、テレビでちょっと映った感じでは、10や20ぐらいはあったでしょうか。
 その中で、一番目立つダイヤだったのがその「呪いのダイヤ」だっただけかもしれません。

 他にも、エカテリーナは「琥珀の間」を作らせたと有名ですね。
 その名の通り、部屋の全てが琥珀なんです。日本でも金閣寺とかありますが、あれは金箔なのに対して、琥珀の間は全部本物の琥珀です。戦時中はドイツ軍に持ち去られており、復旧が完了したのが2003年。つい最近のことです。
 しかし、部屋が全部琥珀……なんか、美容に良さそうですね。

拍手[0回]


2013/09/24 02:13 | Comments(0) | パワーストーン
石と科学は結びつく?
ケータイの充電器壊れましたオワタ。

 明日、auのショップ行ってきます。いや、市販の充電器でもいいかな~と思ったのですが、やっぱ規格外とかだったら嫌だなって思いまして。

 なんで急にケータイの話?と思った人もいると思いますが、一応、石ブログなりの理由があるのです。
 それは、「付けている石を変える・もしくは石を増やしたり減らしたりすると電化製品が変な動作を始める」というのを体験しているからです。

 何でかは私にも分からないのですが、石とかって電化製品と相性悪い気がします。霊感のある人は電化製品壊しやすかったり。また、思春期の特に女の子は急激な体と心の変化によって一時的なポルターガイスト(勝手にラジオが付いたり)が現れることがあるそうです。

 そう考えると、一つの推測が立てられますね。「石とか霊感とかは全部電気信号である」と。
 まあ、私たち人間が世界を知覚して生きていられるのも、全て電気信号によるものです。触れるもの視るもの、全ては神経によって電気信号となって脳に伝えられます。そこでエラーが起きると神経症や精神病となるわけですが、中には私のケータイのように妄想ではない確かな現実世界のエラーとして現れることもあります。

 ということは、ですよ。石の効能というのも、全て電気信号として効能を送っているという考えもできるわけです。
 つまり、パソコンで言うルーターですね。無差別に情報を送っているわけです。で、人間や動物、果ては植物や電化製品など、その電気を受け取れる側にあると、効能が伝わるわけです。これが無線LAN状態。しかし、電化製品は、それ自体が電気で動いているものですから、変なところに電気信号が流れてしまうとエラーを出してしまうと考えられます。

 私のように石と会話ができるというのは、また違ったものに例えられます。それは、電話です。最近ではテレビ電話みたいなものも開発されており、ますます石と人との関係に近づいていますね。
 なんか、科学の分野にはとんと疎いもので、もっといい表現の仕方があったらごめんなさい。でも、私が伝えられる例えはこんな感じですね。

 そう。近いうち、石の効能も科学で解明できる時代が来るのかもしれません。
 トルマリンなんかはマイナスイオンが話題となり、一時期健康グッズとしても売られていましたし、磁石なんかは既に健康グッズでありますよね。
 構成物だけでなく、目に見えないものとして、石がオカルトの分野から抜け出すこともできるかもしれません。

拍手[0回]


2013/09/23 00:39 | Comments(0) | パワーストーン
誕生石には根拠がない・人工石と天然石
職場で、エッセイや俳句、絵などを書く趣味のある人で冊子を作ることになりました。

 それで、以前も石について書いたので、また石について書こうかと思っていると、上司から「誕生石とかいいんじゃない?」と言われました。

 誕生石ねー……うーん……。
 実は、私は誕生石とか星座石とかあんまり信用してないんですよね。理由は、「これといった根拠がない」というのですが。
 そう。誕生石って、「土用の丑の日」みたいに、後から付けられた、スピリチュアル的にも、科学的にも根拠のない話なんです。

 まあ、私がペリドットとかサードオニキスとか地味な石が誕生石なのが誕生石嫌いの原因かもしれませんが。ペリドットはまだ、明るい緑色で、綺麗なことは綺麗なのですが、サードオニキスって地味ですよね。知らない人のために説明しますと、サードオニキスはそもそもメノウ類の仲間で、縞々の出ているオレンジ色の石のことを指します。
 正直言って、「なんでこれを誕生石にしたの?」って思うぐらい地味です。

 そんなこんなで、「うーん、誕生石ねえ」って思うのですが、全然石を知らない人にとっては、そういうのがとっつきやすいのかなあとも思ったり。
 変にマニアックな石のことを書いても、読んでくれなかったら意味がないですしね。
 
 星座石の方は、私はダイヤモンドとルビーという、なんとも豪華な組み合わせなのですが、それも、根拠はあるのか?と疑問に思ってしまいます。
 それに、12星座だって、厳密に言うとへびつかい座も太陽が通るので、13星座が本当の星座だとか言われていますし。誕生日占いだって、同じ誕生日の人は同じ運命を辿るのかと言われたら違いますよね?双子だって違う運命を辿るわけですし、そう考えると根拠がないんだよな……と思ってしまいます。

 宗教的根拠は、そもそもガリレオの地動説を近年まで信じていなかったり(湯川先生が言ってましたが)、女性に人格というものはあるのか?という話を本気で議論していたりで、あまり信用できないのですが、科学はある程度信用できます。
 なので、「科学的にはこうなんだよ」と言われると、私は「ほー、そうなんだ」とけろりと信用してしまうので、注意が必要です。
 世の中、「エセ科学」というものも成り立っていますしね。いまだにマイナスイオンがどうとかいう話もされていますし。

 科学といえば、最近、またルビーづいてきて、しまってあった合成ルビーの指輪とペンダントを付けたりしています。
 どちらも、はっきりと「シンセティック(人工)」と表記されてあったものですが、パワーは感じますよ。
 普通の濁っている天然ルビーと比べても、あんまり差はないように思います。じゃあ、綺麗な方がいいじゃん、と思って合成ルビーをつけているんですけどね。

 合成は偽物かと言われたら、私は「合成を表記しない、または天然だと偽って販売するのは悪い」とは思いますが、はっきりと明記されているなら、別に構わないんじゃないかと思っています。
 化学式自体も同じですしね。それで、お安く手に入るなら良いんじゃないでしょうか。

 でもまあ、パワーストーン収集家の中には、「天然が良い!人工なんてもってのほか!」という人もいるでしょうね。
 まあ、私も一時期、天然素材の服とか天然化粧水・石鹸などに凝っていた時期もあったのですが、それで学んだことは、「別に人工でも体に合えば構わない。それどころか、天然を上回っていることすらある」です。

 天然素材だって、つい最近話題になったお茶石鹸のアレルギー問題なんかもありますし。まあ詳しくは省きますが、要するに天然素材だけで作られたといううたい文句の石鹸で、アレルギーになる人が続出して問題になったのですよ。
 だから、私は天然だからって全て良いとは言いません。たとえば、日清食品の創業者で、毎日一食はインスタントラーメンを食べていたという安藤百福は96歳まで生きました。まあ、要はバランスなんだと思いますよ。人工だけでもいけませんが、天然だからといって体に良いわけではないのですからね。

拍手[2回]


2013/09/19 00:54 | Comments(0) | パワーストーン

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]